写真は先日おこなったドアの穴補修です。

何か固いものをぶつけたようで表面の板が割れて中の空間が見えています。

富士宮市、リペア、室内ドア

隙間部分に瞬間接着剤を盛りこれ以上割れないようにして、充填剤で平面を出し、最後に木目を入れます。

補修箇所は写真のほぼ真ん中で、上から4分の3あたりです。(間違えました 上から3分の1くらいです)

このくらいの傷になると一般の方には無理で、現場監督さんにも手が負えません。私たちリペアマンの出番です。

もちろん、画像ソフトによるキズ箇所の編集はしていません。

当HPのリペア写真は写真を写すタイミングでホワイトバランスの関係で青っぽくなったりするので色合いの調整はしていますが、キズをきれいに見せる加工は一切行っていません。

一般のお客様からのリペアのご依頼もお受けしています。

 HPとリペア担当:よしはら