不動産は地元富士宮市の当社へ。富士市の不動産、中古住宅、売土地、リフォーム、リペアはイナダプランニングへ

MENU

住宅関係の補助金一覧

  • HOME »
  • 住宅関係の補助金一覧

住宅関係補助金の主な項目

『こどもみらい住宅⽀援事業』、 『住んでよし しずおか木の家推進事業』、 『TOUKAI-0』(住宅の耐震化)、 『住宅リフォーム宮クーポン事業』の各補助金について比較しやすいように下記について各補助金を項目分けしています

・事業の目的

・各補助金の申請日(期限など)

・申し込み方法

・申請可能な条件

・申請をする人

・補助金額

・問い合わせ先

住宅関係の補助金等一覧

『こどもみらい住宅⽀援事業』

交通省よりダウンロード⇒(公式pdf63頁)

事業の目的:

補助することにより、⼦育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、
省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

・一般消費者向け事業紹介リーフレット(国土交通省こどもみらい住宅支援事業のページより)

 

各補助金の申請日(期限など):

・リフォーム
下記①②の両方を満たすこと。ただし、令和4年10月31日まで にすべての工事が完了した上で交付申請が 可能なものに限る 。
①令和3年11月26日以降に 工事請負契約を締結したもの
②別途定める事業者登録を行った後に工事着手するもの

・注文住宅の新築
下記①②の両方を満たすこと。 ただし、令和4年10月31日までに工事が一定以上の出来高に達した上で交付 申請を行い、別途定める期間内に完了報告が可能なものに限る。
①令和3年 11月26日以降に 工事請負契約を締結したもの
②別途定める事業者登録を行った 後に 建築工事に着工するもの

申し込み方法:

新築:施工業者は 、工事出来高を確認し、 補助額以上の工事の完了後 に、こどもみらい住宅支援事業事務局に交付申請

リフォーム:施工業者は 、 すべての工事の完了後 に、こどもみらい住宅支援事業事務局に交付申請

*新築・リフォームとも着工後に補助金の予約申請が可能(任意)

申請可能な条件:

新築:子育て世帯又は若者夫婦

リフォーム:世帯要件はなし

申請をする人:

事業者が申請(補助事業者として「こどもみらい住宅支援事業事務局」へ申請する)
*住宅取得者等は、共同事業者として、すべての申請手続に協力するものとする

補助金額:

新築:一戸あたり60万円から100万円(省エネランクによって変わります。⇒交通省ページ

リフォーム:30万円から60万円(補助額を決める条件が複雑です。⇒リンク先を参照してください)

問い合わせ先:

こどもみらい住宅支援事業事務局⇒公式ページ

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝含む) ・0570-033-522  ・IP電話等からのお問合せは 042-204-0944

『住んでよし しずおか木の家推進事業』

事業の目的:品質の確かなしずおか優良木材等を使った木造住宅を取得する方および住宅をリフォームする方に助成する

申請日(期限など):募集期間:4月1日~2月22日(事前にしずおか木の家推進事業者登録

申し込み方法:静岡県森林組合連合会あて、書類を郵送又は直接持参

申請可能な条件:

  1. 自らが居住するために、静岡県内において住宅を取得(新築・増改築)もしくは住宅をリフォームすること。
  2. しずおか優良木材等を使った部分の施工完了が3月8日までであること。
  3. 施工者は、県内に事業所又は営業所を有する建築業者等であること。
  4. 新築・増改築する住宅もしくはリフォームの設計者又は施工者が「しずおか木の家推進事業者」であること。
  5. アンケートや住宅見学会開催に協力できること。
  6. 施工者の製品購入先が、静岡県産材証明制度により産地を証明でき、かつ合法性を証明できる業者であること。

申請をする人:施主が静岡県森林組合連合会へ申請

補助金額:

  1. 助成額(1棟当り)
    補助要件しずおか優良木材等の使用量補助金額上限額
    新築・増改築4㎥以上住宅全体の木材量に占める
    県産材の使用割合
    50%以上15,000円/㎥×使用量㎥ ※130万円
    50%未満10,000円/㎥×使用量㎥ ※120万円
    リフォーム仕上材 10㎡以上3,500円/㎡×使用面積㎡ ※114万円

    ※1 使用量および使用面積は小数点以下切り捨て

問い合わせ先:静岡県森林組合連合会

静岡県森林組合連合会富士事業所 TEL 0545-35-3577  FAX 0545-36-0838

 

『TOUKAI-0』(住宅の耐震化)

事業の目的:東海地震による被害を減らすため、昭和56年5月31日以前に建設された旧建築基準の木造住宅等の耐震化の促進やブロック塀等の転倒による災害を防止し、震災時における人命の安全を確保するため、国や県とともに進めている事業

各補助金の申請日(期限など):

耐震診断:無料の耐震診断は令和6年度まで

補助金計画書:補強計画作成前

交付申請:補強計画後に提出

(令和7年度までの耐震補強工事に対して補助金が出ます)

申し込み方法:

無料耐震診断:富士宮市建築住宅課へ電話 0544-22-1229

補助金交付申請書:富士宮市建築住宅課

申請可能な条件:

・耐震診断を受ける(診断報告書)

・昭和56年5月31日以前に建設されたことを証明(書類)

・建築基準法に適合していることを証明(書類)

・その他

申請をする人:

無料耐震診断:所有者が市へ申請

補助金計画書、補助金申請書等:所有者が市へ申請

*補強計画、工事見積りは業者が作成する

補助金額:

補強計画作成費用:96,000円(一般補助条件額)   144,000円(高齢者のみ居住の住宅の場合の上限額)

工事費用:500,000円(一般補助条件額)700,000円 (高齢者のみ居住の住宅の場合の上限額)  800,000円(高齢者かつ低所得世帯の場合の上限額)

*補助金交付の確定後市が申請者(所有者)へ支払う

問い合わせ先:
富士宮市役所 建築住宅課 建築指導係 電話 0544-22-1229、ファクス 0544-22-1208

『住宅リフォーム宮クーポン事業』

事業の目的:住宅をリフォームする人に、市内の商店などで使用できるクーポン券を交付する ⇒募集要項

申請日(期限など):

・郵便申請 

4月1日(金)~6月17日(金)
※簡易書留に限る。
※郵便申請の受付日は、郵便到着日の翌日となります。
※郵便申請は4月1日以降できますが、受付期間の初日より前に到着した分は、原則、受付期日初日が受付日となります。

・窓口申請

子育て・三世代同居:4月18日(月)~6月17日(金)
※令和4年4月20日(水)のみ、富士宮市役所7階特大会議室で受付します。

一般:4月20日(水)~6月17日(金)
※令和4年4月20日(水)のみ、富士宮市役所7階特大会議室で受付します。

・工事完了報告

提出期間 2022年7月1日(金)~11月30日(水) (土・日・祝日除く)※消印有効期間も同じ。
(注)特例として台風、天候不順等により、完了報告の提出が期限内にできない申請者は、
11 月30 日(水)までにお申し出ください。その場合に限り、最長2 週間の提出延期を申し受
けます。

申し込み方法:

住宅リフォーム(一般・子育て・三世代同居)宮クーポン事業申請書 ⇒富士宮市HPよりpdf を提出

申請可能な条件:

以下を全て満たす人が対象です。

・市内に住宅を所有し、住んでいる人。
・市税の滞納がないこと。
・令和4年4月1日以降に着工するリフォーム工事であること。
・リフォーム工事の費用が30万円以上であること。
・市内に本店がある事業者がリフォーム工事を行っていること。
・過去に住宅リフォーム宮クーポン事業を利用していない人。ただし、三世代同居の場合は除く。

申請をする人:当社でもお手続きの代行が出来ます

交付するクーポン券の額:

種類交付クーポン券
【一般】10万円分(うち5万円分は大型店舗でも使用可能)
【子育て】
未就学児童がいる世帯または妊婦がいる世帯のリフォーム
15万円分(うち7万5千円分は大型店舗でも使用可能)
【三世代同居】
三世代が新たに同居(二世帯住居、敷地内同居可)するためのリフォーム
20万円分(うち10万円分は大型店舗でも使用可能)

問い合わせ先: 富士宮商工会議所 電話:26-3101 FAX:26-0303
〒418-0068 富士宮市豊町18-5 

 

ここからは富士宮市のHPより(リンク先は富士宮市のHPです)

ブロック塀等の点検・撤去、生垣設置

吹付けアスベスト対策

がけ地に近接する危険な住宅の移転事業

PAGETOP
Copyright © 株式会社イナダプランニング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.